HUMAN 社員を知る HUMAN 社員を知る 一覧へ戻る

現場の指揮官としてヒト・モノ・コトを管理し、業務を円滑に進めながらさらなる高みを目指したい。高松営業所 工務部 工学部 安全システム建設工学科卒 (2004年入社)芝 卓也 Shiba Takuya

現場の指揮官として
ヒト・モノ・コトを管理し、
業務を円滑に進めながら
さらなる高みを目指したい。

高松営業所 工務部

工学部 安全システム建設工学科卒 (2004年入社)

芝 卓也Shiba Takuya

入社理由と現在の仕事

就職先に当社を選んだ理由は、専門性を活かせる仕事がしたかったということと、転勤がなく腰を落ち着けて仕事ができる環境があることも決め手になりました。現在は工事部と調査部の両方に携わる工務係長という立場にありますが、現在は工事の仕事がメインになっています。クライアントは官公庁がメインで、工事も規模は大小ありますが、現場代理人として会社を背負っているということがやりがいにつながっています。また、職業病でしょうか。車を走らせていてもいい仕事をしている現場は他社の仕事でも気になりますね。景観に配慮しながら物づくりをしている仕事には目を見張るものがあります。

成長させてくれた仕事

現場代理人は会社を背負って現場を任される責任ある仕事です。私が最初に現場代理人になったのは、入社して2年目のことでした。あのとき看板に名前が出たときはうれしくて思わず写真を撮ったことを思い出します。とはいえ、初めての現場代理人。右も左も分かりません。調査の仕事と同じように現場に出て手伝いをしようとしたら、現場作業員の人に「それはこっちでやるから、芝さんはクライアントと打ち合わせして現場がスムーズに動くようにしてくれたらいいんだよ」と言われたときにハッとしましたね。こうして先輩や下請け業者の方にさまざまなことを教わりながら経験を積んできました。

今後の目標について

この仕事の醍醐味は、社会のインフラを支える仕事をしているということ。そして、現場では下請け業者の人と連帯感をもち、専門性の高い分野でともにものづくりと向かい合い、完成したときにはやりがいや達成感を強く感じることができます。これからも現場でキャリアを積み、テクニックを身につけていきたいですし、将来的には一連の工事の流れに自分なりの工夫を施すことでよりクオリティの高い仕事をしていきたいですね。それがひいては顧客満足につながるのですから。完成した現場を訪れて、自分の仕事を振り返るとき、ほかにはないものづくりの醍醐味を味わうことができます。

ある1日のスケジュール

7:40現場出勤
通達事項や注意事項のほかに、天気についてなど朝礼時に話すことを考えます。
7:50体操・朝礼
朝礼にて作業内容・通達事項を確認する。
10:00現場巡回・立会の準備
作業の進捗や仕上がりを確認、立会の準備をします。
12:00昼食
早々に昼食を済ませたあとは、職人さんとコミュニケーションをとったり、午後の作業に備えて体を休めます。
13:30現場の立会
発注者側の担当者に現場の仕上がりや材料を確認してもらう。立会以外の話や雑談をしてコミュニケーションをとる。
17:00現場の確認(作業終了)
現場の進捗や仕上がり、現場出入口のバリケード設置を確認をします。職人さんたちが帰り、事務処理、明日の準備を行います。

他の社員を見る

  • 高松営業所 工務部

  • 名古屋支店 総務部

  • 高松営業所 調査部

  • 善通寺支店 土木部

  • 本社 総務部

  • 高松営業所 工務部

  • 高松営業所 営業所長