HUMAN 社員を知る HUMAN 社員を知る 一覧へ戻る

目標とする上司の背中を追い続けながら現場と事務を両立させ成長をしていきたい。高松営業所 工務部 緑地工学科卒(1994年入社)森 一郎 Mori Ichiro

目標とする上司の背中を
追い続けながら
現場と事務を両立させ
成長をしていきたい。

高松営業所 工務部

緑地工学科卒(1994年入社)

森 一郎Mori Ichiro

入社理由と現在の仕事

善通寺営業所に関しては管理業務がメインになりますが、私が所属している高松営業所は工事と管理の両方に携わります。そのため、常に複数の現場を担当し、工事担当者としてまたは監督としてさまざまな立場で現場業務を遂行しています。とくに現場代理人として人を使う難しさは日々痛感します。この仕事はとにかくコミュニケーションが大切。現場で作業するには缶コーヒー1本がコミュニケーションのきっかけになってくれますし、お互いに本音で話すことがスムーズな仕事運びにつながります。スピーディかつ安全に信頼できる仕事をする、それが現場を担う者たちの使命なのです。

成長させてくれた仕事

この仕事は入札で決まりますが、会社から大きな工事を任され「森の名前でこの仕事を取りに行くぞ!」と言われたときは身が引き締まる思いがしますね。そして実際に仕事を獲得することができ、さらに無事業務をまっとうし、工事を終えることができたときの達成感は何ものにも代えがたいものがあります。以前担当した男木島の現場では、私たちが島外の者であることから住民に不安を与えないよう、とにかく挨拶などのコミュニケーションを大切にしました。以来、すっかり身内のような感覚が芽生え、工事が終わった今でも男木島を訪れると「監督、監督」と言って親しみをもって接してくれます。

今後の目標について

理想に掲げるのは私の上司です。とにかく仕事が早い。会社が受け持っている複数の現場を把握しながらヒト・モノ・カネを管理しているのですから驚きます。少しでも上司に近づけるよう数年前から私も仕事のスタイルを変えました。これまで断片的だった仕事のやり方から、現場作業と書類作成をすべて自分で行なうようにしたのです。実際業務が増えたように思いますが、書類作成のために現場ではこうしようという考えが生まれ、作業効率も向上しました。また、連動した仕事の仕方ができるようになりましたし、仕事全体をトータルで見ることができるようになり、仕事がさらに面白くなりましたね。

ある1日のスケジュール

7:45現場着
メールのチェック、天候の確認、1日の作業内容の確認。
8:00体操・朝礼・作業間打合せ
各種点検等準備を行った後、現場の施工管理と段取りを行っています。
10:00休憩
作業の進み具合、キリの良いところで休憩を挟むようにしています。休憩時間内では、プライベートなど話でコミュニケーションをとっています。
12:00昼食
香川県といえば"うどん"!人里離れた山奥の現場以外は、ほぼ毎日うどんを食べています。
12:45作業間打合せ
午前中で今日の作業見込みがある程度わかりますので、明日の作業および人員等の打合せを行います。
13:00午後の作業開始
午前中に引き続き、現場の施工管理と段取りを行っています。
15:00休憩
17:00現場終了から事務処理
作業員が帰った後にもう一度現場巡回チェック。明日の準備と今日の作業のまとめ(書類)など。施工中に問題が発生した場合は、書類や図面作成で日付が変わることも…。
18:00退社
目標は定時退社。なるべく早めに帰れるように心がけて、帰宅したら子供達とコミュニケーションをとっています。

休日の過ごし方

子供がスポーツ少年団のドッジボールをしているため、保護者として参加していましたがひょんなことから指導者的立場のコーチになってしまい、ドッジボールを楽しんでいます。

ドッジボールも家族の用事が何もない日は、バイク仲間とつるんでいます。最近全然乗ってないな~。

他の社員を見る

  • 高松営業所 工務部

  • 名古屋支店 総務部

  • 高松営業所 調査部

  • 善通寺支店 土木部

  • 高松営業所 工務部

  • 本社 総務部

  • 高松営業所 営業所長